>>>黒クマを解消するアイクリームランキングはコチラ

目の下にシワができる原因はコレ!無意識のうちに悪循環にはまっていませんか?

WRITER
 
目の下にシワができる原因はコレ!無意識のうちに悪循環にはまっていませんか?
この記事を書いている人 - WRITER -

目の下にシワができる原因は色々ありますが、その中でも多いのが無意識に目の下のシワを作ってしまう原因をやってしまっていること。

本記事では、あなたがやってしまいがちな「目の下にシワができる原因」をご紹介します。

 

目元にシワができてしまう原因

顔の中で一番シワができやすい部分はどこかご存知ですか?

そうです。
目元が一番シワができやすい部分なのです。

namidariyu5 目の下にシワができる原因はコレ!無意識のうちに悪循環にはまっていませんか?

なぜこんなにも、目元にだけ集中してシワができてしまうのでしょうか。

それは目元の皮膚が薄くモロいということに原因があります。

ですから、目のしわにシワができる原因を知るにあたって、目の下の皮膚は薄くてもろいということを大前提として、頭の片隅に置きながら説明を聞いていてくださいね。

そうすると、より理解度が深まりますから。

 

目元は保水できない

namidariyu5 目の下にシワができる原因はコレ!無意識のうちに悪循環にはまっていませんか?

目元はシワができやすい部分でもありますが、乾燥しやすい部分あるんです。

その理由は、目元の皮膚の薄さにあります。

皮膚は薄ければ薄いほど、水分が蒸発しやすくなってしまうのです。

メモ

たとえばハンカチほどの薄い布よりも、雑巾くらい厚い布の方が長時間保水する事ができますよね。

目元の保湿もこれと全く同じ。

そして目元に水分がなく乾燥しているということは、肌の表面が萎縮してしまいます。

そうすると肌のキメが粗くなってしまい、小じわやちりめんジワ等が発生してしまうのです。

メモ

さらに、乾燥するという事はつまり、皮脂が少なくバリア機能が働いていないという事にもつながります。

バリア機能があまり働かないという事はダメージを受けやすくなっていることにもなるのです。

 

 

毎日のメイク

namidariyu5 目の下にシワができる原因はコレ!無意識のうちに悪循環にはまっていませんか?

女性であれば毎日メイクをして出勤するかと思います。

普段のサイクルですから何とも思わずにメイクをしているかもしれませんが、メイクは非常に目元に負担をかけています

その理由はさきほど説明した

  • 皮膚が薄いこと
  • バリア機能が働きづらいこと

が挙げられます。

涙袋メイクなどが流行っていますが、これも大きな負担を与えているので、徐々にあなたの目元を蝕みむしばみ、いずれ目の下にシワを作ってしまう原因になるでしょう。

メモ

目元がダメージを受け続けると、目元のシワの原因になるだけではなく、色素沈着(茶クマ)の原因にもつながります。

メイクをする際、目元はなるべく薄づきにするか、強く擦ること避けましょう。

 

 

クレンジングや洗顔

namidariyu5 目の下にシワができる原因はコレ!無意識のうちに悪循環にはまっていませんか?

メイクをすれば当然、クレンジングでメイク落とします。

その際に「綺麗にメイクを落とさなければ肌に悪い。」と思い、ゴシゴシこすっていませんか?

これは逆効果

ゴシゴシこすってしまうと、バリア機能の弱い目元は大きなダメージを負ってしまいます。

ですが目元のメイクはただでさえ落ちにくいですよね。

その時は市販のクレンジングを使うのでは無く、「品質の高いクレンジング力が強くてダメージの少ないもの」を使用する事で毎日クレンジングをしても、ダメージを与えることなくメイクを落とすことができます。

さらに品質の高いクレンジングは、毛穴クレンジングを同時に行うことができますので一石二鳥。

そして美容効果の高いクレンジングであれば、ついでに美容ケアもできてしまうという、まさに一石三鳥の効果があります。

目の下の乾燥しわを予防するために、早い段階でクレンジングを見直すことも考慮しましょう。

 

 

目の疲れ

namidariyu5 目の下にシワができる原因はコレ!無意識のうちに悪循環にはまっていませんか?

近年ではスマホが普及したことにより、慢性的な目の疲れを抱えている人がたくさんいます。

  1. 目の周辺をゴシゴシ擦ること
  2. 目をギュッと閉じること

目に疲れが溜まることで上記の2つの行為を無意識にやってしまいがち。

これらは2つとも目の下のシワの原因となります。

たとえば、目の周辺をゴシゴシ擦ることで、ダメージを与えてしまい、キメを粗くさせてしまいます。

また、目のかすみや乾きにより目をぎゅっと閉じることにより、目の周辺の皮膚を酷使し、結果的に劣化させてしまうことにつながってしまうのです。

皮膚の劣化はシワの大きな原因。

ですから目の疲れは、目の下のシワの原因になり得ると言えるのです。

メモ

またはコンタクトレンズの長期間使用などにより目を傷付けてしまうこともあります。

その際、かゆみやかすみが発生するので、無意識に目の下をゴシゴシしてしまっているかもしれませんよ。

 

 

食生活

namidariyu5 目の下にシワができる原因はコレ!無意識のうちに悪循環にはまっていませんか?

食生活は、目の下のシワと密接な関係があります。

それは「目元に栄養が行き渡っているか行き渡ってないかという理由」があるからです。

たとえば、皮膚を老化させてしまう原因である活性酸素は、早急に除去しなければなりません。

ですが栄養不足により、抗酸化作用(老化物質を排除する働き)が正常に働かないため、どんどん目の下の皮膚が劣化してしまっているのです。

日頃から栄養のある食べ物を意図的に摂取する事で、徐々に改善していくことができます。

メモ

栄養が行き渡らないという点では、喫煙も同じ。

喫煙は活性酸素(老化物質)を増やしてしまいますし、血流を停滞させてしまうので、栄養が目元に行き渡りません。

このような不摂生も目の下のシワの原因。

 

 

加齢

namidariyu5 目の下にシワができる原因はコレ!無意識のうちに悪循環にはまっていませんか?

歳を重ねることにより、目の下のシワは増えていきますよね。

長い時間を生きているわけですから、その分、目の下の皮膚を酷使しているからです。

注意

それに加え、加齢は様々なトラブルが発生してきます。

加齢により目の下のシワを増やしてしまう代表的なトラブルは、皮膚の生まれ変わりサイクルの遅れです。

通常、皮膚は28日サイクルを目安に新しく生まれ変わります。

namidariyu5 目の下にシワができる原因はコレ!無意識のうちに悪循環にはまっていませんか?

これが年齢を重ねることにより、徐々に遅くなり、なかなか新しい皮膚へ生まれ変わることができなくなってしまうのです。

これにより、細かく傷ついた目の下の皮膚が残り続け、小じわの原因に。

メモ

さらに、新陳代謝が正常に行われないことも相まって、保水する力も衰えてしまうことも目の下のシワを増やしてしまう原因。

 

 

紫外線

namidariyu5 目の下にシワができる原因はコレ!無意識のうちに悪循環にはまっていませんか?

紫外線は目の下のシワを増やしてしまう宿敵。

その理由は、紫外線は皮膚の老化を早めてしまうからです。

老化が早まってしまうという事はさきほど説明した「活性酸素」が増えてしまうということ。

よく外出する方で、紫外線対策をしていない方は、要注意です。

注意

さらに紫外線は、その刺激からメラニン色素を生成させてしまいます。

メラニン色素は、シミやソバカスの原因です。

色素沈着の対策についてはコチラ

 

 

笑顔

namidariyu5 目の下にシワができる原因はコレ!無意識のうちに悪循環にはまっていませんか?

よく笑うことは、相手に与える印象はとても良いものです。

ただし、相手に与える良い印象とは裏腹に、笑顔は目の下の皮膚を酷使しているため、皮膚は劣化してしまいます。

そのため、目の下のシワが増えてしまう原因につながってしまうのです。

皮肉にも笑うことによって表情筋が鍛えられ、目元のリフトアップという美容効果を得ることもできますが、その反面、皮膚が劣化してしまうということも忘れなく。

 

 

顔の彫りが深い

namidariyu5 目の下にシワができる原因はコレ!無意識のうちに悪循環にはまっていませんか?

顔の彫りの深さも目の下のしわに関係します。

日本人は比較的「へいたん」な顔の作りです。

某映画でも日本人は「平い顔族」なんて表現がありましたがまさにその通り。

ですが日本人でも彫りが深い顔は存在します。

顔の彫りが深いのは顔の凹凸が大きいため、皮膚が大きく動いてしまい劣化を早め、結果的に目の下のシワにつながってしまいます。

 

 

無意識にやってしまうことは多くありませんか?

歳をとっていくうちに、目の下にシワができるのはしょうがないことです。

ですが、無意識のうちに目の下にシワを作ってしまう原因をやってしまっているのであれば早急に対策しなければなりません

無意識というのは非常に厄介で、あなたが気づくまでその悪循環の行為を繰り返し続けてしまいます。

ですから、今日から意識的に目の下のシワを作らないよう、行動していきましょう。

次のページでは効果的な目の下のしわの改善策について解説しています。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です