>>>黒クマを解消するアイクリームランキングはコチラ

目の下の色素沈着(茶クマ)の原因と対策一覧!これだけはおさえておこう

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

目の下の色素沈着は非常に厄介ですよね。

目の下が茶色くなってしまうことを茶クマと言いますが、これを作ってしまうには原因があります。

ここでは、目の下の色素沈着の原因と対策を解説。

まずは目の下に茶クマを作ってしまう原因を覚えていきましょう。

まずは茶クマかどうかを確認しよう

目の下のクマにはいろいろな種類があります。

  • 血行不良の青クマ
  • 目元のたるみの黒クマ
  • 色素沈着の茶クマ

今回解説するのは目の下の色素沈着(茶クマ)についてなので、その他のクマには参考になりません。

たるみによって影ができてしまう黒クマに関してはコチラの記事を参照ください。

ではあなたが本当に茶クマなのかどうかをチェックしていきましょう。

その方法は簡単で目の下の皮膚を引っ張るだけです。

たとえば、黒クマの場合は、目元のたるみによる影が原因なので、引っ張ることによってたるみをなくすと、影がなくなります。
この場合は黒クマ。

茶クマの場合は、目の下の皮膚に色素が沈着しているので、目の下の皮膚を引っ張ることで茶色も一緒に引っ張られてきます
この症状が茶クマです。

どうでしょう?
目の下の皮膚を引っ張ると茶色も一緒に引っ張られてきますか?

それでしたらあなたは茶クマですので、引き続き、原因と対策を読み進めていってください。

 

色素沈着の原因はメラニン

メラニンはご存知の通りシミやソバカスの原因。
メラニンこそ色素沈着の正体であり、目の下にできることで茶クマと呼ばれるものです。

メラニンは紫外線により生成されるということは多くの方が知っているはず。

ではなぜ紫外線でメラニンが発生するのかというと、それはメラニンは防衛反応だからです。

紫外線が皮膚に当たることで、奥まで紫外線が浸透しないようにメラニンが防御してくれています。
メラニンにより私たちは皮膚癌などをはじめとする様々な皮膚トラブルへの発展をまぬがれているのです。

ポイント

刺激から身を守るために防衛反応としてメラニンが発生。

 

目の下の色素沈着は2つ

1.一次性色素沈着

一次性色素沈着とは傷跡により色素が沈着してしまうものの事を指します。
そしてその特徴は、時間がたてば治るという事。

たとえば、虫に刺された場合、虫刺され跡が残ります。
これは、時間の経過と共に治りますので、これは一次性色素沈着に当てはまるということです。

  • 指のけが
  • 膝の擦りむき

これらも一次性色素沈着に当てはまります。

 

2.慢性色素沈着

慢性色素沈着は、たとえば靴や歩き方に癖があり、どうしてもアキレス腱付近に靴擦れを起こしてしまう方もいます。

そのような方は、アキレス腱の皮膚に色素が沈着していますよね。

1回だけの靴擦れであれば、その後は治るでしょう。

ただし、靴を履くたびに靴擦れを起こしてしまい、慢性的にその部分に刺激を与え、「靴擦れ跡」になっている場合は、時間が経っても色素が沈着した部分はなかなか治りません。

これは継続的な刺激により皮膚が厚くなってしまう角質肥厚になっている事が原因です。
※角質肥厚は、継続的なダメージにより皮膚の防衛反応により皮が厚くなってしまう現象。

ポイント

このように「長い期間同じ部分に刺激を与え、跡が残り続けてしまうこと」を慢性色素沈着と言います。

慢性色素沈着は、時間が経ってもなかなか治りづらい傾向にあります。

 

茶クマは一次性?慢性?

茶クマは慢性色素沈着に近いものがあります。

その理由は目元は継続的にダメージを受けやすい部分であるからです。

それに加え、目元は非常にデリケートなので余計にダメージを受けやすいという事も相まっています。

目の下の色素沈着に関しては、さきほど説明した、靴擦れのように強烈な刺激ではないので、完全に慢性色素沈着になることはありませんが、頑固な茶クマは日常生活においてかなり慢性色素沈着に近づけてしまっている可能性もありますので注意してください。

ですが、目の下の色素沈着は完全なる慢性色素沈着ではないので、治すことができるので諦めないでくださいね。

おさらい

一次性も慢性も防衛反応によりメラニンが生成され、色素が沈着してしまうという事。

ではあなたの日常生活において、どのような刺激を与えてしまっているのでしょうか。

 

目の下の色素沈着の発生原因

生活習慣

普通に生活していれば洗顔や眠たい時に目をこするなど様々な場面で目の下に刺激を与えています。

それだけではなく、メイク時やメイクを落とす時など、目元に刺激を与える場面は地域のうち何回も存在します。

その結果、目の下にメラニンが生成され色素が沈着してしまうのです。

目の下に色素が沈着してしまうと、多くの方はコンシーラーで色素沈着を隠すでしょう。

 

注意

色素沈着が治るまでの間は、一時的にメイクで隠すのは良いですが、ずっと隠し続けるのはおすすめできません。

その理由は、コンシーラーの刺激でさらに色素沈着がひどくなると言った悪循環にはまってしまう可能性があるからです。

>>>次回更新:目の下の色素沈着をメイクで隠してはいけない理由

 

 

紫外線

これはさきほども説明しましたね。

紫外線を浴びることにより、防衛反応としてメラニンが生成されます。

メラニンにより有害な紫外線が肌の奥まで浸透する事を防ぐことができますが、メラニンが発生する事により色素が沈着してしまうのです。

 

アトピー

アトピーは肌が弱いため、過剰に防衛反応を起こすため、通常よりもたくさんメラニンが生成されてしまいます。
それによりアトピー体質の方は色素が沈着しやすいという傾向にあるのです。

さらに、アトピーは敏感肌で少しの刺激でもかゆみを感じてしまいます。
その結果、かきむしる行為をしてしまうことにより、慢性的に刺激を与えることにより、メラニンが生成され色素が沈着してしまうのです。

メモ

アトピー体質はメラニンの過剰生成や継続的なかきむしりにより慢性色素沈着を起こしやすい。

 

ニキビ

ニキビは色素沈着の原因。

ただし、ニキビができると言っても慢性的にニキビが存在する方や、一時的にニキビができてすぐ治る方もいます。
どちらの方も、ニキビ跡には色素が沈着しています。

ニキビがすぐできて治る人の場合は、一時的なものなので、ニキビ跡ができてもすぐに治ってしまう一次性色素沈着に当てはまります。

注意したいのは慢性的なニキビ肌です。
慢性的にニキビを抱えている方は、慢性色素沈着に当てはまりますので、ニキビの跡はなかなか治りません。
それに加え、ニキビ肌の方は肌の生まれ変わりサイクルが正常化していないので、新しい皮膚にも生まれ変わることができないので、普通よりも何倍もニキビ跡(色素沈着)が残りやすくなります。
それだけではなく、ニキビ肌には老化物質を発生させてしまう原因にもなるので、常に肌を劣化させてしまう原因にもなっているのです。

 

 

あなたは目の下の色素沈着を治す前に、茶クマができてしまう原因を排除して行かなければなりません。

その理由はこの原因を排除しなければ、たとえ茶クマが治ったとしても再び色素沈着を起こしてしまうからです。

ですから、今から解説する目の下の色素沈着の対策を極力取っていけるように努力していきましょうね。

 

目の下の色素沈着を対策しよう!

紫外線をガード

何度も言いますが紫外線を受けることによりメラニンが生成されます。

そこで活用していただきたいのは日焼け止めです。

皮膚に刺激を与える前に、日焼けどめの成分が紫外線をカットしてくれます。

これにより、メラニンの生成が抑えられるので、色素沈着な対策になるのです。

日焼け止めだけではなく、天気の良い日に外出する際は日傘などをさすのも効果的です。
もちろんそれだけでは紫外線対策は十分でないので、日焼け止めも併用していきましょう。

 

注意

紫外線が多いのは晴れの日ばかりではありません。
曇りの日でも紫外線は出ています。

ですから、曇りの日でも日焼け止めの成分が入っているクリームを塗ると良いですね。

 

洗顔やクレンジングは優しく

刺激を与えることで、色素が沈着してしまうと説明してきましたが、では洗顔やクレンジングはしなくてもよいかといえばそうではありません。

毎日しっかりとメイクを落とさなければ、メイク残りによる刺激でメラニンが発生してしまいます。
また洗顔をしなければ、顔の汚れを落とすことができないので、様々な肌トラブルを引き落とす引き起こす原因になってしまいます。

ですから、毎日洗顔やクレンジングをしなければならないのですが、極力優しく行うようにしましょう。
それでいてメイク残りがないように優しくゆっくり丁寧にメイクを落としていくことで、目の下の色素沈着な対策をする事ができます。

 

ターンオーバーの正常化

色素沈着を治すにあたり、ターンオーバーの正常化は必須です。
ターンオーバーとは、皮膚の生まれ変わりサイクルの事を指します。

私たち人間は約1ヶ月の周期で皮膚が新しく生まれ変わっています。

ですから、浅い傷跡のような一次性色素沈着の場合はすぐに皮膚が綺麗になるのです。
その点、継続的に色素が沈着する慢性色素沈着の場合は、皮膚が新しく生まれ変わっても、継続的な刺激により再び色素が沈着してしまうのでなかなか色素が取れないのです。

慢性色素沈着でなくても、なかなか目の下の色素沈着や茶クマが治らないという方もいるでしょう。
そのような方は、ターンオーバーの周期が乱れているのです。
私たちがやるべきことは、まず何よりこのターンオーバーの正常化をしなければ色素沈着を治すことはできません。

ターンオーバーを正常化させる方法は以下の通り。
睡眠をしっかりとる
食生活の改善
ストレス発散の方法を見つける
目のクマ専用のクリームを塗る

睡眠時間をしっかり確保し、脂っこい食事をやめ、バランスの良い食事を心がけるだけでかなりターンオーバーは正常化します。
さらに、職場の人間関係や、仕事のストレスなどに抱えてしまう場合、ストレス発散の方法を見つけるのもターンオーバー正常化の秘訣。

目のクマ専用のクリームについては後述しますが、目のクマ専用に作られたクリームを塗ることで、ターンオーバーの正常化を強制的に行うことができます。
この方法が一番オススメ。

 

色素沈着対策に必須!ターンオーバーを正常化させていく方法

1.睡眠のタイミング

肌の生まれ変わりサイクル、すなわちターンオーバーを正常化させるために睡眠は必須です。

睡眠をする事で、女性ホルモンが分泌されます。
この女性ホルモンは別名美肌ホルモンとも呼ばれるほど、肌にとって重要な要素です。

睡眠不足は肌あれを引き起こすと言われているのはターンオーバーの乱れによるもの。

毎日の睡眠時間を確保するのは非常に重要ですが、それに加え、睡眠を取るタイミングを計るのも非常に重要。

睡眠は22時~25時に寝ている事が必須条件であり最低条件です。

この時間は肌のゴールデンタイムともいわれるほど、ターンオーバーを促しながら女性ホルモン(美肌ホルモン)をたくさん分泌する時間帯。

この時間に確実に寝ている事で、肌の生まれ変わりサイクルを正常化し、色素が沈着した部分を綺麗な肌へと生まれ変わらせることができるのです。

出典:引用元:再春館製薬所 美肌を生みだす秘密とは?睡眠とお肌の関係

 

2.保湿

目元の保湿をする事で、得られるメリットはバリア機能を高めることができるということです。

目元は特に薄い皮膚でできていますから、保湿によるバリア機能向上が必須。

目の下が保湿できていないと、すぐにダメージを受けてしまい大したことない刺激でメラニンによる色素沈着が起きてしまいます。
それでいて目の下がカサカサになってしまうというダブルパンチでも最悪ですよね。

さらに、バリア機能が働いていないことで皮膚がダメージを防ごうとしてしまい、皮膚が厚くなる角質肥厚により慢性的な色素沈着へ変化していってしまいます。

ポイント

保湿は大事!

 

3.老廃物を出す

老廃物が溜まっていると、血流が悪くなり代謝が下がってしまいます。
代謝が下がるという事は皮膚の生まれ変わりサイクルも乱れてしまう原因にもつながります。

老廃物を出すというのはなかなか難しいのですが、一般的に誰でもできると言われているのは断食。
断食は体の老廃物や毒素を簡単に出すことができるので、おすすめの方法です。

 

4.栄養バランス

食生活の乱れでターンオーバーが乱れてしまいますので、普段から脂っこい食事ばかり撮っている方は野菜中心や魚、赤身の肉など、食生活の改善に努めてください。

栄養バランスを整えることで、ターンオーバーを正常化させることができます。

特にビタミンCに関しては色素沈着に関して様々なメリットがあります。

 

  • メラニン(色素沈着)の生成を抑制
  • メラニン(色素沈着)を薄くする
  • 老化物質の排除
  • 血行を促し新陳代謝を整える
  • ターンオーバーの正常化

 

色素沈着を対策するに当たって、ビタミンCという成分は絶対に欠かすことができません。

つまりビタミンCを使用する事で効果的に色素沈着を直したり対策する事ができるのです。

食べ物から摂るビタミンCでももちろん効果はありますが、ビタミンCを直接クリームで乗る方が効果的です。

その理由は、食べ物からビタミンCを摂取すると、胃や腸など様々な部分にビタミンCが使用され、色素沈着を改善する部分にまでビタミンCが行き届きません。

その点ビタミンC配合のクリームであれば直接色素沈着している部分にアプローチできるので、食生活改善よりもクリームの方が効果が高いのです。

 

色素沈着対策に効果的なクリームとは?

目の下の色素沈着を対策するクリームの条件はビタミンCが配合されている事が重要です。
このクリームを使うことで、効果的に色素沈着している部分を改善していくことができます。

その中でもアイキララという目元クリームがおすすめ。

その理由は、浸透しやすいビタミンCを配合しているからです

ビタミンCは粒子が大きくなかなか皮膚に浸透しません。
ですから、ビタミンC が入ったクリームでは、全く意味がないのです。

その点アイキララはビタミンCの粒子を小さく改良したビタミンC誘導体を配合しているので、浸透しやすい成分となっています。

浸透力が高まれば、その分だけターンオーバーの正常化を強力に行うことができますし、硬くなって浸透しにくくなった皮膚(慢性色素沈着)にも効果的にアプローチする事ができます。

さらにアイキララは医学誌に掲載されたり、第三者機関で公平な審査を受け効能評価済みなど色素沈着を対策するに当たって信頼できる実績も兼ね備えています。

全額返金保証がついているので、目の下の色素沈着を改善していくのであればアイキララは持っておきましょう。

毎月負担にならない価格設定なので、継続しやすいというのもオススメポイントの1つです。

アイキララのおすすめポイントまとめ

  • 浸透しやすいビタミンC誘導体
  • 医学誌掲載
  • 効能評価済み
  • 全額返金保証付き
  • コスパ抜群

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です